FC2ブログ







アンビル

アンビル

写真は鍛金の道具のアンビルです。


わたしは時間を見つけると何やら拾ってきたスクラップやらでゴソゴソと何か作ったりする加工癖?のようなものがあるので、ハンマーで叩いたりする時にこれがあると机や床を傷つけなくて済むものです。


HCで比較的安価で入手できるものですが、持っていて損はない道具であるものです。

鉄の塊と言っても形状はよく考えられていて、革細工にも使用することもあるようです。

工夫すればいろんな使い方ができるものです。

こういう意外にあると便利で助かる道具は大好きなものです。

なんかこれ見てるとアイロンをかける台などを連想するものですが、道具はケチってはいけないものです。

粗悪な道具は後で高くつくし、良いものはできません。


スパナやドライバーなどの工具も、自分の使いやすいようにカスタム加工したりすると、今まで使えなかったり使いにくかった場所にも使用できたり、こういうのって本当に楽しい。


まあHCで売ってるものは粗悪なその場しのぎの道具が多々あるので購入するときには気を使っているものです。


プラスマイナスドライバーやニッパーにしても、柔らかい銅線や簡単な軽作業に使うのであればその場しのぎの道具でも間に合うものですが、わたしのようにおそらくは死ぬまで何かゴソゴソとやっているタイプの人は道具は良いものを選ぶのが正解。


使い方を間違えなければ良い道具はいつまでも末永く役に立たせることができるものです。

道具は受身、能動的に使用する人がその責任の一切を負うものです。


パソコンもナイフも猟銃も道具。


本来ならなんら規制なんて必要はないものですが、残念ながら自己中心的でブラックバスのように獰猛野蛮な輩もいるので、道具は泣いているものです。


今日は風がけっこうビュービュー吹く宮崎ですが、みなさんお住まいの方はどうでしょうか。

九州の場合だと進路が東寄りルートなのでそれで風は弱い方なのですが、暑さ寒さも彼岸までというように今日はけっこう涼しいものです。

これで西側ルートだとかなり猛烈な風だったのは想像に難くないものです。


朝起きてAI君と朝食を食べてから外に出ると、真っ白な彼岸花が咲いていたものです。


小学生の時、通学路の川の土手で初めて真っ赤な彼岸花を見つけたとき、なんて変わった形の花なんだともの珍しくて、母を喜ばせるつもりで根っこから掘り出して家に持ち帰ったら「彼岸花を家に持ち帰るとその家が火事になるのよ」と母に言われて焦って走って元の場所に戻しに行ったのも懐かしい記憶であるものです。


これで台風一過となると、もう本格的な秋、そして冬。


わたしが一番大好きな季節。

カサカサと風に転がる枯れ葉に黄色いイチョウ、首筋をすり抜ける冷たい風。

この季節こそわたしは活力的になるというものです。

それにしても今年は暑かったぁ!

エアコンなしで今年も猛暑をくぐりぬけ、だからこそ自然に感じられる季節の変化。

今日も祈りの日々です。

[ 2013/09/15 11:20 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/tb.php/494-cdb70d69