FC2ブログ







流れを見つめる、風流だなッ!




意味があっても 意味はない世界

矛盾ではなく そこに現実が在る

目の前の陰謀

簡単すぎて難しい

矛盾ではなく そこに真実が在る

在るべくして在ると自らを謳う神のように

そこに陰謀が在る


終わりの始まり 始まりの終わり

この世界マッチポンプ劇場を終わらせるため


理由は風の中 

見えるのに 見えない

そこに大した矛盾は無い

そこに大した理由もない

大逸れていても 見えないといい続けるだろう

だから意味は無い


見つけられても そこには何も保証は無い

手当てもない 

報われなくてもしたいことがある

見つける理由は必要ない

見つけられる人は 覚悟を決めた人

ただそれだけ 


巨大な敵

それは個々のココロの中に

勾玉の切先を自らの体に向けながら

歩く 走る

闘う 戦う

戦争も闘争もずっと終わっていないから


闘わないものは死なない ただココロが死ぬだけ
 
踊らされて踊るダンサーは踊らされていることに気づかないダンサーよりは少しはまし


夢の中で

夢から醒める

与えられた夢など必要ない

与えられたママゴトなど必要ない

わたしは誰でもない 

どうでもよくて どうでもよくない存在

そこに一片の矛盾もない 


弧を描く矢と真っ直ぐなココロ


誰でもなく 誰かではある

でも誰でもない それでいい

そこに何の矛盾もない

Re: タイトルなし

スカボロフェアー、おこちゃんさんたちの世代ですね。

同じサウンド・オブ・サイレンスの詩は最大カルトの洗脳の暴露と言えなくもないものです。


外国のリュウグウノツカイに関してどのような言い伝えなどがあるのかは調べてみないとわからないものですが、日本とかタイとかアメリカといううカテゴリーで考えては、陰謀は見えなくなるものです。
なぜなら陰謀を企む側ははるか昔から超国家的組織で、日本にもその組織の中枢が存在しているものです。

だからグローバル化というキャッチフレーズを考案し、それを布石の一つとして世界統一政府、ようするにピラミッドの頂点の少数のものがその下の全ての人々を奴隷以下家畜未満で支配するために戦争や人工削減、またそれらを達成するために芸能プロパガンダをはじめあらいる分野でその業界や団体の仮面を被って暗躍しているものです。

いろいろな団体組織がありますが、その頂点はすべて同じ頭です。
同じ頭は少数。


NHKもそうでしたが、同じような感じで、たとえば珍しいアルビノのカエルが見つかった程度に放送されているものです。

日本を問わず、海外のどの国の視聴者の多くもまた、「ああ、めずらしいなァ」とか「あんなのいるんだ」程度で受け流しているのは同じものだと思うものです。
ただ日本よりも他国の方が心の目が醒めている人は多いように感じるものです。
また醒めていても他国の人々のほうが勇敢に行動しているものです。

行動とは少なくとも今は強硬手段ではなく、今は知らせるため、気づいてもらうために広めるなどです。
それでも今という時点では遅いかも知れないものですが、それでも子宮頸がんワクチン詐欺が強制を阻止できたように、あらいる国の人々が動いているものです。

こうしてわたしが書いた記事の単語はすべてスキャンされているものですよ。
それがインターネットというツールを一般に開放した目的のひとつであるからです。

おこちゃんさんは勝気なところがあるので言わないものですよーv-286
勝気も強気などの性格も道具としてみれば人生に生かすことも、またその逆としてしまうこともあるものです。
でもおこちゃんさんはその持ちたくても持てない性格を人生によく生かされていて感心しているものですよv-291

道具をケチると良いものは作れないことが多いものですね。
安物の道具でどこまでできるか、そういう負荷をかけて生きていくのもまた風流であると考えるものです。
でも一番重要なのは道具を使う人のココロ、おっしゃるとおり感性などや、そして正義や良心というものですねv-22


詩はただの気まぐれなものですッv-34












[ 2013/10/17 00:46 ] [ 編集 ]

日替わりできましたね~。
スカボローフェア

りゅうぐうのつかいは日本人だけが、地震の前触れと言っているだけでなく、外国でもそういわれているのでしょうか?
それとも単にニュースでは 深海魚が打ち上げられて珍しいという報道の仕方なんですか?

ゲンさんの詩は、人工地震と絡めて作ったのかな?(陰謀)
頚がんワクチンは、政治宗教団体が凄く、『私たちの党が推し進めたのよ~』と自慢しているものであります。

おっと、口調がゲンさんになってきたものであります。
また、おこちゃんは危険だから触れない方がいいものであります。と言われそうです。(笑)

カメラの世界は感性や道具などひつようなんでしょうね。
私も皆さんの写真の粒子、奥行き、色あいなどを見ていると素晴らしいと思います。
[ 2013/10/16 23:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://616kkllxx666250ss036.blog.fc2.com/tb.php/562-23daa0da