2017/04/26

20150521pic 190


大分は今日は1日中雨模様。

春の雨は意外に冷たいものです。

美居子さまは今日もこられました。

写真はせめて晴れた日の美居子さまのお顔です。

明日はくもり予報で午後から晴れてくる模様。

映画は広島の無差別虐殺。

こういう映画は今では特へ民放では決して放送されず、どうでもいいディズニーやらハリウッドという頭を腐らせる映画や、嘘つきプロパガンダ映画ばかり。

時間が許される人は今のうちへ是非ご視聴くだされたら幸いへ思います。



Black Rain, Kuroi Ame, 黒い雨 1989



以下ウィキペディアより技粋
[参照URL]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E9%9B%A8_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

黒い雨 (映画)

『黒い雨』(くろいあめ)は、1989年5月13日より公開された原子爆弾(原爆)の恐怖と悲劇を描いた日本映画である。1965年に出版された井伏鱒二の小説『黒い雨』の映画化であり、矢須子に扮した主演の田中好子の演技は高く評価され、公開翌年の第13回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ数々の部門で受賞した。
英語圏ではBlack Rain (ブラック・レイン)という題名で上映された[1]。タイトルは、原子爆弾投下後に降る「黒い雨」のことを指している。

未公開シーン[編集]
劇場公開版やビデオ版では、トラックで矢須子が病院に運ばれる様子を重松が眺める場面でエンドロールとなるが、DVDのデジタルニューマスター版では、矢須子が生き延びて原爆投下から20年後に四国の霊場をヤケドの四十男と共に巡礼として歩く、原作には無いエピソードが19分のカラー映像として描かれている。これは今村監督が当初付け加える予定で撮影したが、迷いに迷った末に完成した作品から削除したものである。その未公開カラー部分は、神が人間を見守るような視線で主人公と戦後の日本人を描いている[要

以上、ウィキペディアより技粋
[参照URL]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E9%9B%A8_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
[ 2017/04/26 18:44 ] 日常の風景 | TB(-) | CM(-)