XØ12  2018/02/17~02/21  アルシオン・プレヤデス、ニュースNo.71‐2018:マインドコントロール、松果体、DNA、ビッドコイン、ロシアゲート、UFO   引き続き しばらく自らの足元から世界までを俯瞰するため更新を停止させていただきます。 マイナー更新は不定期ですがこのページ内でします。 フル更新はしばらく停止させていただきます。 そのXØ12.......マイナー更新でも更新が重なるとページのpc動作が重くなるので、ある程度ページが埋まってきたら新しいページを作ることとしました。 引き続きフル更新はしばらく停止させていただいています。わたしは記事内で使われ方が通常と異なる漢字をあえて選んで書き込むことがあるものです。その場合は訂正はしません。 記事ではありません。ゴルゴサーティー13です。記事ではありません。ゴルゴダでもあります。それは処刑された丘です。 記事ではありません。ハンバーガーヒルは吸血ヒルで漢馬雅蛾鴉蛭と書いてハンバァガァヒルでハンバーガーヒルです。記事ではありません。フランシスコ会です。記事ではありません。フランシスコ会はG13でもあります。記事ではありません。G13でゴルゴサーティーです。記事ではありません。G13はGは3茶で3ちゃんラー面と解きます。3はあくまでもサタンで茶化してイルミナ茶イルミナチス赤十字でチュウチュウ吸血です。記事ではありません。フランシスコFrancisco13でジー、G13ゴルゴダマクドナルドナルトでナルホドです。記事ではありません。そういうことで世界はナルホドザワールド化されているものです。記事ではありません。旭化成はスポンサーで麻日化せよで灰めかして化学化け学金キムチで臭いです。記事ではありません。フランシスコは腐乱死巣孤です。腐乱シスの子とも読みます。 なのでフランシスコはFrancisco13でフランシスコサーティーワンアイスクリームで人類を欺いてきています。記事ではありません。アッシジAssisi13アシュケナジAshkenazi13アシュケナジーはアシュケのナチでナチスドイツコイツはドイツでアシュケナチスです。記事ではありません。Ashkenazis 13 illuminati   illuminazis カギ十字はカギは十の次の11で鉤鼻11鬼臥鬼で角田11角11と解きます。記事ではありません。アシュケAshukeアルバニア語でアラーです。記事ではありません。アラーは愛Iと爬化されているため世界はずっとカオスです。記事ではありません。 

アルシオン・プレヤデス、ニュースNo.71‐2018:マインドコントロール、松果体、DNA、ビッドコイン、ロシアゲート、UFO
https://www.youtube.com/watch?v=57304Png70s

個人の全面的なコントロールの技術は、最高のマインドコントロール兵器と成り得る。
というも、個人のDNAを攻撃することができるからだ。

個人を全面的へコントロールする技術という観点から調査するとしたら、全民衆のDNAの
蒐集とそれを使用する権利の取得は、実へ悪意ある意味を有する。

アマゾンやグーグルが、マイクロソフトやIВMやその他の企業とお互いへ争い競い合わせる仕組みで、できる限り早急へDNAのデータベースを構築させようとしていることは、決して偶然ではない。

権力の座へある者たちが、世界の完全な全データベースへアクセスすることができて、個人を全面的へマインドコントロールする技術を所有しているとすると、文字通りへいかなる人類をもあらいる形式で攻撃することが可能であるおぞましい武器を手中へおさめることとなってしまう。

何百万人というアメリカ人類がそれらへ認識もしくは同意を得ずこっそりと盗まれているため、それ故へ個人の意思へ反して本人が全く気づかない内にこれら悪意ある狡猾なプログラムのターゲットへされてきているのです。

マキア・フリーマン[アメリカ編集者、調査ジャーナリスト]

以上、プレヤデス・アルシオンビデオニュ-スNO.71動画冒頭文から抜萃








韓国の裁判所がはじめて、米軍兵士に対する「慰安婦」の売春を国が奨励したという判決を下した

2018年02月16日 23:16



韓国の裁判所は米軍基地の近隣に構築された売春制度における国の役割を認め、初めて次のような判決を下した。韓国は、米軍基地に隣接する居住地を管理する上で、売春を奨励していた。そしてこの政策を軍事同盟の強化と外貨収入確保の必要性を理由に積極的に正当化していた。


ソウル高等裁判所の判決には「国家は性的自決権、さらには性別に表現された原告の人格そのものを、国家的目標を達成するための道具とみなし、それにより、人権尊重の義務に違反した」と述べ、 先週、国を提訴した117人の「慰安婦」に対して賠償金を支払うよう判決を下した。対象となっている事件が発生したのは 第二次世界大戦後の時期である。
判決の結果、74人の犠牲者(本人が死亡している場合はその親戚)がそれぞれ700万ウォン(最大6,450米ドル)、残りの43人がそれぞれ300万ウォン(最大2,760ドル)を受け取る。

裁判所の判決は次のように語っている。「保健省の公式文書によると、国は米軍基地の近隣に住む「慰安婦」に対して、外国人兵士がリラックスし、容易に「慰安婦サービス」を利用できるよう、「丁寧なサービス」を提供することを要求し、事実上、売春を要求した。基地の近隣にある居住地の管理の意図もしくは目的は、外国人兵士の「士気を高め、強化し」、国家の安全保障に必要な軍事同盟を維持し、また、外貨獲得といった経済的目的のために「慰安婦」を動員することであった。」
このほか、韓国は必要なインフラを整備し、外貨のために体を売る少女たちが本当の愛国者であるとした「愛国教育」を行うことで、売春を積極的に奨励し、正当化した。

ソウルの裁判所は次のように述べている。「国はまた、性病治療を口実に「感染者を抑圧し(逮捕し)」と「計上する」ことで(性感染症を移された外国人兵士の指摘をもとに隔離施設に送られていた)、個人の不可侵やその他の基本的権利を侵害した。彼女らは強制的に「検査を受けていない者のための隔離施設」といった隔離施設に送られるか、体に大きな副作用を起こす可能性のあるペニシリンを差別的に使用された。」

これは、米軍基地付近の居住地で行われていた売春に対する国の責任を認めた初めてのケースである。

昨年1月のソウル中央地方裁判所の第一審では、国の責任は1977年8月19日の感染症予防法施行に関する命令が採択される以前に「慰安婦」を強制的に隔離施設に収容したことだけだとして、120人の原告のうち57人にのみ、それぞれ500ウォンずつを支払う判決を下した。

しかし、高等裁判所は今回、法律採択の時期とは関係なく、被害者が被った心理的および肉体的苦痛を認めた形だ。

ヒャンボプ法律事務所のハ・ジョヒ弁護士はスプートニクに次のようにコメントした。「もちろん、被告である国は上告することも可能だが、私たちは原告と一緒に上告しないよう呼びかける。」

民主主義社会のための弁護士連合のメンバーである同社は、これまでにも米国陸軍第8軍基地の環境汚染、ソウルの梨泰院地区で発生した米軍兵士による殺人事件など、米軍関連の他の有名な訴訟で歴史的な判決を勝ち取っている。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201802164588182/














































エルドアン氏 米は「ダーイシュ(IS)との芝居」を止めよ
2018年02月13日 23:00



トルコに対する戦いに変化しつつある「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に対する戦いを演じる芝居を米国は止める必要があると、トルコのエルドアン大統領が述べた。

トルコ政府がテロ集団と見なすクルド民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」を米国が支援していることが理由で、トルコ政府の米政府との関係は緊迫している。

エルドアン氏は、「我々はシリアと911キロにわたる国境線で接している。米国はシリア国境とどのような関係があるのか?

彼らは既に5億5千万ドルを費やしたが、今はこの数字を30億にまで増やしたがっている。

あなた方はダーイシュを相手に戦っているのだと言う。

では、ダーイシュのメンバーをあなた方は何人殺したのか?ダーイシュを相手に戦っていた人々が、今はトルコを相手に戦っているのだ。

ダーイシュを口実として使う権利は誰にもない。このダーイシュとの芝居を終わらせる時が来ている。

今こそ仮面を脱ぐべきだ」と述べた。

https://jp.sputniknews.com/politics/201802134574215/





米国正規軍というは壱国の法令によって組織されてあるという上では、それはアメリカ合衆国という州や、さらへこまかく集合体として数多の群などの全てを束ねた司令塔をおく中央軍であるが、これらは州兵とは別組織で、支給される兵器も小火器も光学機器ももっともクオリティーが高い兵器である。

州兵か、それともさらへ小規模な武装組織か、いずれへしても正規軍はよっぽど温存されて、陸上で戦う最前列へ配置される最前線兵士のさほどが州兵というアタマカズを揃えるための寄せ集めであり、支給される小火器などは正規軍の使い古された払い下げなどである。
もともと戦争とは支配者側の都合上卓上ゲームであり、デキレースであり、銃弾がどちらへとんでいっても何もない空へ向かって撃ちつづけても例え朝8時から定時5時まで一応敵方向へ向けて銃撃音を轟かせていたってそれら戦いは成立するのである。

従軍カメラやその他の戦上カメラの前で戦をしている体裁をつくろい、戦が実際へおきているという情報が世界中を駆け巡ってあれさへすれば究極には支配者どもが企画した戦争などはそれだけで成立するのである。
一方通行垂れ流しの戦争へしむけ誘導するプロパガンダムをマニ受けて、結果的へ人殺しをしたり、銃撃されて死ぬことは自称支配者エリートらが仕掛けたゲームで踊らされて殺されたりすることと同じであり、あとへ遺された妻や子は自称支配者エリートやそれへ従う外道レプチョンへよって辱められ食されるだけである。

戦後の東京では一等地へ広大なパチ屋や風俗店が興され、それは全て在日朝鮮人、韓国人であることを知っている人も多いだろう。
それらはそうして全て略奪強奪したり、工作されて略奪されたものである。
それらパチ屋や風俗街の建屋の下へは、そうして闇へ屠られた日本人類たちが埋められているのである。

これらを企画してきている支配者エリートらは、これら自らが仕掛けて工作し絵を描きまんまと勃発させた戦争中に、世界中をまるで私用車タクシーのようへ軍用ヘリや飛行機で乗りつけて民家を急襲し、そこでレイプしたり殺したり悪魔儀式をしたり、衛生兵を装い赤十字の腕章をつけた人類へ擬態しているコスプレイ人食いイルミナティーイルミナチストカゲ白身肉どもが赤身の人類狩りをしたり、人類の血液を蒐集をしたり、また人体器官で唯一拒絶反応をおこさない眼球を人類擬態パーツとして蒐集してきてあるのだ。

エルドアンがいうことは現地でアメリカへ巣食うエリート支配者の命令で動くアメリカ軍が育てて支援しているアイエスというテロリストとガチで戦ってきているロシア兵やシリア国民からいわせたら実際へおこっている事実であり目の前へしてきている現実ということだ。
ここで述べたいことは要するへ、仮面ライダーはキチガイであるということである。
人へ成り済ましてマッチポンプという自作自演で人類社会をカオスへ導いて英雄として観られることを性癖とした外道である。ここで必ず負けるショッカーも同じ外道であることは言うまでも無い。

またデビルマンが悪魔を裏切ったフリをしてまで人類の味方をしているのは、人類の女性がとても美しくかわいいためであり、その代表的である人類女性が牧村美樹というキャラクターで描かれていることへ気づくことは重要だ。
ここでもっとも重要である気づきは、仮面ライダーもデビルマンもともへ人類へ成りすましてきている変質者であり、とても共生することができない程へ残虐で残忍で卑劣で卑怯で卑しいが故に、それが原因で容姿もまた酷い姿である異種族であり、ともへ人類の気を惹くためへ日常的に実はウチゲバ仲間であるショッカーや怪獣どもへ人類を襲わせ恐怖させ世界をカオス状態へ保つことで、人類が常へこれらコスプレイ変質者であるいわいるヒーローを必要とするようへ仕向けてきているということである。

要するへ警察組織が必要で予算を確保し続けるためへ、偽テロやデッチアゲた凶悪事件をおこしたり、自衛隊組織が永久へ続くようへ偽旗作戦やテロで人類を恐怖させてきていることを知ることがとても重要な気づきでもある。まとめると、この地上世界、特に情報操作され欺かれてきてある事実鎖国状態で人類奴隷化実験塔ラボと化されてきている日本はマッチポンプ劇場という茶化されたデタラメ世界である。それ故、日本から血を吸い上げている海外、特へそれらを支配しているハザールカザール爬化猿イルミナチスイルミナティーは実はとても実質は豊かであるが、ここ日本はこのありさまである。

記事コメ/音声コメ;小年ゲリラ











































「マイダンですべての標的に発砲」:キエフでデモ参加者を撃ったグルジア人スナイパーたちの証言
2018年02月14日 09:05(アップデート 2018年02月14日 17:51)



2014年2月20日、ウクライナの首都キエフのマイダン(独立広場)で何者かが狙撃し、抗議デモの参加者49人と治安機関職員4人の計53人が死亡した。

野党指導者や米国及びEUの代表者らは瞬時に「当時のウクライナ大統領ビクトル・ヤヌコヴィチ体制」を非難した。

だが未だに犯人は見つかっていない。通信社スプートニクの記者は、マイダン(キエフを中心に発生した反政府デモ)の指導者から発砲を命じられたと主張するグルジアのスナイパーらと会った。

彼らによると、さらに集まっている人々を激昂させ、政治的危機を引き起こすために、警官だけでなく、抗議デモの参加者たちをも射撃せよという直接の指令があったという。



マイダンでの狙撃にグルジアのスナイパーらが関与していることについて最初に発言したのは、グルジアのミハイル・サーカシビリ前大統領のきわだった敵対者で、グルジア軍エリート部隊の元指揮官トリスタン・ツィテラシビリ将軍だ。ツィテラシビリ氏はスプートニクに次のように語ったー

「マイダンにグルジア出身者がおり、意図的に彼らに発砲を指示したことについて私は2014年の時点ですでに知っていた。彼らの一部はグルジア軍の私の部下だ。何人かは今もウクライナ領内におり、戦闘に参加している。グルジアに戻った者たちは、このことを話すのを恐れている!不必要な証人として簡単に抹殺されるからだ」。

[マイダンの参加料金]

グルジア軍の元将校コバ・ネルガゼ氏は、その1人だ。同氏はスプートニクのインタビューで次のように語った-

「我々は公式的にはトビリシ(グルジアの首都)で行われたデモでサーカシビリ氏の支持者と反対者が衝突しないよう警備をしていた。だが実際、我々には反政府デモを鎮圧するという任務が与えられた。必要な場合には、指揮官の指示に従って我が部門の職員らが野党指導者らを殴打した。通常、我々はこのような行動を覆面をかぶって行う」。

またネルガゼ氏は「料金」についても語った。例えば、野党議員の殴打に対して1000ドルが支払われたという。マイダンのデモ参加者を支援するためにウクライナのキエフに向かったネルガゼ氏のグループには、1万ドルが拠出された。出張から戻った後にはさらに5万ドルを支払うと約束された。なお、ネルガゼ氏らは他人のパスポートでキエフに到着したという。

またネルガゼ氏によると、「酔っぱらうことがないよう秩序を守り、規律を維持し、政府側の扇動者を特定するという課題が我々に与えられた」という。

同氏は、すでにデモ参加者の管理下に置かれていたキエフのホテル「ウクライナ」で新年を迎えた。

さらにもう1人、騒動の最中キエフに到着した元グルジア兵がいる。それはアレクサンドル・レヴァジシビリ氏だ。同氏は、グルジア軍で勤務した後、サーカシビリ氏の支持者団体「自由ゾーン」の活動家になった。レヴァジシビリ氏は自ら「野党の中に入り込んで喧嘩や挑発を仕組んだ」と述べている。

[ウクライナの政治家が武器を持ってきた]

ネルガゼ氏はインタビューで「2月14日あるいは15日に上級グループがホテル『ウクライナ』の3階の個別の部屋に集まった」、「兄弟民族を助けよとの命令が与えられた。だがその後、詳細は一切伝えられなかった。その時までに私はすでにデモ参加者たちが猟銃や拳銃を持っているのを目にした」と述べ、さらに次のように語った-


「2月19日夜、ホテルにセルゲイ・パシンスキー氏(ウクライナのスキャンダラスな政治家)と、大きなバッグを持った数人の若者がやって来た。彼らは、複数のSKSカービンや7.62mm口径カラシニコフ自動小銃、またドラグノフ狙撃銃1丁と外国製のカービンを取り出した。パシンスキー氏は我々に、武器は『保護のため』に必要となると説明した。だが『誰から守るのか』という私の質問には答えずに部屋から出て行った」。

その時、ネルガゼ氏は、部隊「グルジア軍団」の指揮官マムラシビリ氏と話をした。マムラシビリ氏は「特別任務」について、そして「すべての標的に対して武器を使用し、マイダンにカオス(混乱)をつくりだす必要がある」ということについて語り、すべての標的とされる「デモ参加者と警察に違いはない」と述べ、出張に対するお金は「任務」遂行後に支払うと約束したという。

レヴァジシビリ氏によると、武器は同日、キエフ音楽院に運び込まれた。また同氏は「パシンスキー氏から射撃位置を選ぶのを手伝ってくれと頼まれた。私は、深夜に『ベルクト』(ウクライナ特殊部隊)が音楽院を襲撃し、デモ参加者を解散させる可能性があると述べた」と語った。
[発砲が終わった後、我々は去るよう命じられた]

レヴァジシ「午前4時あるいは5時ごろ、私は銃声を耳にした。パシンスキー氏は飛び起き、無線機をつかんで発砲を止めろ、まだその時ではないと叫び始めた。発砲はすぐに止まった。午前7時30分ごろ、パシンスキー氏は全員に発砲の準備をするよう命じた。

2-3発撃って、すぐに位置を変えろということだった。発砲は約10-15分続いた。その後、武器を捨てて建物から出ろと命じられた」。

その後、レヴァジシビリ氏はマイダンに戻った。同氏は人々が激怒し、発砲したのは「ベルクト」だと考えている人たちもいることを耳にした。また発砲したのは自分たちの仲間であるデモの参加者だと考えている人々もいた。

レヴァジシビリ氏はインタビューで次のように語ったー

「私は理解した。これは悪い結果に終わる可能性がある、私は嫌な話に巻き込まれた、皆が知ったら私は今ここで八つ裂きにされる可能性があるということを。もう(祖国へ)飛び立つ時期だと考え、タクシーをひろって空港へ行った」。

ネルガゼ氏は次のように語っているー

「2月20日午前8時ごろ、音楽院の方向から銃声が聞こえた。それから3-4分後にマムラシビリ氏のグループがホテル『ウクライナ』の3階の窓から発砲した。発砲は2人組で行われた。

発砲した後、別の部屋に移動してまた発砲した。すべてが終わった時、我々は去るよう命じられた。その日に私たちはトビリシに戻った」と語った。
ネルガゼ氏は、約束のお金を受け取らなかった。同氏は今、元「同僚」たちからの復讐を恐れている。

コバ・ネルガゼ氏とアレクサンドル・レヴァジシビリ氏は、ウクライナの裁判所で自分の証言の正しさを確認する用意がある。

https://jp.sputniknews.com/opinion/201802144573995/














































監視されている フェイスブックの職員から苦情

2018年02月15日 21:28



米フェイスブック社は、同社に関する「余計な」情報がマスコミに漏れないようにするために社員を追跡し、監視している。フェイスブックの元社員並びに現社員が雑誌Wiredに語った。


現社員はインタビュアーに電話の電源を切るよう頼んだ。フェイスブックは現社員のスマートフォンで両氏の現在地を追跡できるからだという。

フェイスブック・ニューヨークオフィスで働いていたベンジャミン・フィルノウ氏も、同様の困難に直面した。同氏は、ファイスブックの創業者ザッカー・バーグ氏が職員に送った手紙をサイトGizmodoのスタッフと電子メールで共有した。
フィルノウ氏は、手紙はジャーナリズムの観点から興味深いものであるかもしれないと
思ったという(「ブラック・ライヴズ・マター」運動に対するフェイスブックの立場に関するものだった)。
翌朝、フィルノウ氏はメールアドレスに職場から約30件のメッセージが届いていることに気づいた。内部調査部の部長を含む上層部からのものだった。フィルノウ氏はなぜジャーナリストと接触したのかを直ちに説明するよう命じられ、数日後に解雇された。
https://jp.sputniknews.com/life/201802154582159/































ほぉぉっと一休み用朗読作業用動画/報道記録動画/リアルドキュメント記録動画/警鐘動画等
2018/02/20 更新


ヒトコワ-ほんとに怖いのは人間- 親の顔が見たい
https://www.youtube.com/watch?v=Pk_WyCzCgzQ



第三十六(36)回 白犀(びゃくさい)ラジオ 本日のお題『小坪トンネル』映画:もしも昨日が選べたら、怪奇現象:美女が乗ったUFO
https://www.youtube.com/watch?v=m_eVcu2vT4c



怪談 ルルナル『朗読の部屋』第百八十五話 『深夜の霊園』 『東京のアパート』
https://www.youtube.com/watch?v=TPY4V6ugsq4



怪談「 化石の祀られた祭壇 」他12篇
https://www.youtube.com/watch?v=sv0NTSg2UgQ



其ノ二百三十(230) 朗読BGMシリーズ(妹が選ぶ物件 他14本)【怖い話/怪談】ショート詰め合わせ
https://www.youtube.com/watch?v=bGNlhDg5YQA



ルルナルの『短編の間』 第百七十九夜 『車の荷台に・・・』
https://www.youtube.com/watch?v=WQjfJk7lwio



【不思議な話朗読】予知夢【F012】
https://www.youtube.com/watch?v=_bnW65fzKOM&list=PLxzEdqBBx02DA17RLJik62o-bkRX4pjsQ




















































ホラアナ洞穴映画 / アクション映画 / 妖怪に何か用かい?S Non Fiction 映画等
2018/02/17 未明更新。


たまに[オススメ]とある映画は志村が視聴済みで勝手に評価しています。
洞穴映画は特へ特殊撮影では無い明らかへ犯罪リアル記録映像が多く含まれます。




機關槍少女 The Machine Girl
https://www.youtube.com/watch?v=e76dT-5HkDM




恋愛映画フル2017 ✦ アクション映画フル ✦ 日本映画フル
https://www.youtube.com/watch?v=LRu4GyTNo1I



絶体絶命の恐怖 惨劇は終わらない! 戦慄のショートホラーストーリー!
https://www.youtube.com/watch?v=65-lhw4sNOQ



今度は死ぬほど恐ろしいショートホラー!
https://www.youtube.com/watch?v=DG-TfQRV1Kc



漆黒の闇と恐怖に呪われたショートホラーストーリー!
https://www.youtube.com/watch?v=qS3Hzws59oE




これはまだ恐怖劇場の序章にしかすぎない! 呪われたショートホラーストーリー!
https://www.youtube.com/watch?v=6hLRCcY5VS4






覚書;

TRON PROJECT1984年6月開始

座標: 北緯36度00分05秒 東経138度41分38秒.
日本航空123便墜落事故. JA8119
itami =i田3
AirportJA8119. 概要.
日付, 1985年8月12日 (1985-08-12)
I田3gouda 合田







記事スペース確保為その他の映画はこちらブログ内リンクへ行きます。
未定です。


[記事公開 2018/02/17]


最終更新 2018/02/20 未明

朗読BGM追加為/プレヤデス、ニュース追加為/記録映像追加為
[ 2018/02/17 00:38 ] ブログ/PC/お知らせ/リンク/ブロ友 | TB(-) | CM(-)